コラム

COLUMN

2022年07月21日

お役立ち情報

妊娠初期(15週)にやっておくこと

妊娠初期のうちに何をやっておいたらいいのか
分からない。

そんな方に向けて
「妊娠初期にやっておいた方がいいこと」
をまとめてみました!

妊娠初期とは

妊娠初期とは妊娠してから4ヶ月(15週)までのことを指します。

妊娠中期は5ヶ月〜7ヶ月(16〜27週)

妊娠後期は8ヶ月〜出産まで(28〜39週)を指します。

妊娠初期の症状は大体3〜5週で現れ始め
基礎体温が高い
身体がだるくて熱っぽいというようなことが多いです。

やることまとめ

<病院編>



・妊娠2〜3ヶ月(4-11週)

□血液検査(義務)

□子宮頸がん検査(義務)

□経膣超音波検査

□分娩予定日の確認

□クラミジア抗原検査

□膣分泌検査

□基本検査(体重測定、血圧測定、尿検査、子宮底長と胸囲の測定)

・妊娠4ヶ月(12-15週)

□基本検査

□経膣超音波検査(23週までに最低2回)

自分でやること編




・妊娠〜4ヶ月(-15週)

□会社の上司に報告

□母子手帳、妊婦健康検査受診票の発行(自治体で貰えます)

□出産する病院決め

□持病や薬を飲んでいる場合は医師に相談していく

準備するもの編


・妊娠〜4ヶ月(-15週)

□マタニティウェア(必要であれば)

□ヒールの低い靴

□葉酸のサプリ

□母子手帳ケース

□ボディケア用品

□マタニティ用下着(必要であれば)

初期に気をつけること

この時期に気をつけるべきことも合わせてご紹介します。

1.風邪や感染症


妊娠すると免疫が下がってしまいます。

ママ自身もそうですが、お腹の赤ちゃんに影響がある場合もあるので、マスクの着用やうがい手洗いをしっかり行う、人が多い場所はできる限り避ける、といった注意が必要です。

2.飲酒


ママがお酒を飲むと胎盤を通して赤ちゃんにアルコールが入ることになります。

妊娠中にお酒を飲み続けると「胎児性アルコール症候群」の赤ちゃんが生まれる可能性があるので、妊娠が分かればお酒を飲むことはやめましょう。

3.喫煙


妊娠中の喫煙はさまざまなリスクがあり

前置胎盤、流産、早産、低出生体重のリスクが高くなります。

タバコのニコチンは血管を収縮させ、赤ちゃんに酸素や栄養が届きにくくなるので、

妊娠が分かれば禁煙をするのがベストです。

家族に喫煙者がいる場合は、禁煙してもらう、近くでは吸わないなどの配慮をしてもらいましょう。

4.カフェイン


妊娠中は1日あたりのカフェイン摂取量を200mg(コーヒーならマグカップ2杯程度)に制限することを推奨しています。

カフェインはコーヒーだけでなく、紅茶や緑茶、ジュースにも含まれているものがあります。成分表を見て判断するか、ノンカフェインのものを選ぶと安心ですね。

妊娠初期は個人差もありますが
つわりが始まり、辛い時期でもあります。
無理はせず、妊婦生活を送ってくださいね^^